こんにちは。検定事務局神崎です。

何か物事がうまく行かない時は、「方法を変えること」が一番だと聞いたことがあります。
努力して、頑張って、熱心を尽くしても、ダメな時は方法自体を変えないといけないと。
営業活動も、一時はうまく行ったやり方も、時間が経つとダメになることってたくさんあると思います。

でも、どんなに研究を重ねて、方法を変えてやってみてもダメな時もあるんですよね。
そういう時には、担当者・責任者自体を替えることが特効薬なんだ、と思う出来事がありました。

業績不振の原因を、「売れないのは〇〇のせい」と人のせい、属人的な問題にするのは安易だなと思いますが、
新しい人が職務に就くと、ガラッと雰囲気も変わり、うまく行かなかったこともうまく行くようになることってあるなと思いました。
図47

一番怖いのは、個人も組織も変化を避けるようになることです。
既存性や守りの姿勢からは、顧客に喜ばれる発想は生まれてこないので、
自分も、変化に強くならないとと感じる今日この頃です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中